Pairsで出会った紳士的な彼

当時私は34歳。

31歳で元夫と離婚をした後、一人は寂しいなと感じマッチングアプリ「ペアーズ」の利用を開始しました。

そして積極的に婚活を頑張ってきたのですが、なかなか「この人だ」と思える男性には出会えず、本当に再婚することが出来るのかと不安を募らせていた時期でもあります。

そんな時、10歳ほど年上の男性から「いいね!」を頂きました。

決してイケメンではないものの、話していると楽しく、もっとお話をしたいと思わせてくれる男性でした。

その男性とは初対面後に交際することになったのですが、結局お別れしてしまいます。

本日はその経緯をお話していこうと思います。

 

①出会い

彼と知り合った時、私はすでにペアーズに登録してから2年が経過していました。

地方在住だったこともあり男性ユーザーは見知った顔ばかりで、ペアーズでの婚活に限界を感じ始めていた時期でもありました。

そんなある日、10歳ほど年上のペアーズ新規会員の男性から「いいね!」をいただくことが出来たのです。

その男性のプロフィールを閲覧してみると、大手自動車販売店の店長とのこと。

転勤で私の住む地域に越してきてから数か月が経ち、この地に根を下ろすことになったため婚活を始めたとのことでした。

顔写真も載せてありましたが、決してイケメンではなく年相応の男性といった感じで、正直第一印象は決していいものではありませんでした。

しかし、何となく「話してみようかな」と感じた私は、彼とマッチングを成立させメッセージの交換を始めました。

当時の私は事務職で、彼は販売系接客業だったため、なかなかペアーズをする時間帯が合わず、メッセージのやり取りもタイムラグが生じてしまいましたが、それでも何となくやり取りは続けていました。

丁度その時、私は仕事でトラブルを抱えてしまい彼に愚痴や弱音をこぼすことも度々あったのですが、そんな私の話をきちんと聞いてくれ、時には的確なアドバイスをくれるその男性に少しずつ惹かれていくのを感じていました。

そして彼とLINEの交換をすると、夜の短い時間ではありますがお互いの空いた時間に電話をする関係へと発展していきました。

実際に電話で話した際も、彼は落ち着いていて紳士的。

また優しくて魅力的な男性だなと感じた記憶があります。

そんな彼と初めて会うことになりました。

私は土日休み、彼はシフト勤務なものの基本的には土日は出勤とのこと。

これではいつまで経っても会うことが出来ないと感じた私は、彼の休みの日である水曜日に有給休暇を利用して初デートをすることにしました。

 

 

②初デート

 

 

初デートは映画館デートに決まりました。

彼は映画に関してすごく詳しく、私がするどんな質問にも答えてくれたため、より楽しんで映画を鑑賞することが出来ました。

映画デートが済んだ時にはすでに夜になっていたため、夕飯を食べにいくことになったのですが、彼はなんと映画館の近くにある、お洒落なフレンチレストランを予約してくれてあったのです。

私は今までこんなプランを立ててくれる男性に出会ったことがなかったため、すごく感動してしまいました。

そのレストランに到着すると、彼と一緒にメニューを選びます。

その際も、私の好みそうなメニューを提案してくれたため、高級なお店に慣れていなかった私でも美味しく食事をすることが出来ました。

また、お互い車で移動していたためお酒は飲めなかったのですが、美味しいノンアルコールの飲み物を注文してくれ、その美味しさに感動した記憶があります。

そしてレストランでの食事が終わった後、解散することになったのですがその時に彼から「結婚前提で交際してくれませんか」という告白を受けたのです。

すごく嬉しかったのですが、この歳になると「交際=結婚」となるため、慎重にならざるを得ません。

私は即答することが出来ず、意思が固まったら結論をお伝えするという形でその日はお別れしました。

その時も彼は「急がなくていいからね」と優しく言ってくれ、包容力のある男性だなと感心してしまいました。

 

 

③交際、そして別れ

 

 

彼との交際を決めたのは、告白を受けてから約2週間後のことでした。

 

相変わらずすれ違い生活だったこともあり、LINEでその結果を伝えたのです。

すると彼は大変喜んでくれ、「一生大事にするからね」とはしゃいでいます。

そんな彼を見ていると、私までとても幸せな気分になりましたし、このまま彼と結婚出来たらいいなどと、先々のことを考えたりしました。

しかしある日、彼が仕事をしているであろう土曜に電話がかかってきたのです。

仕事がお休みだったため家でゴロゴロしていた私は、彼からの電話を怪訝に思いながら取りました。

すると彼は、「今度のデートの日に伝えなければならないことがある」と言うのです。

正直、この時はとても嫌な予感がしていました。

そして、そんな嫌な予感は的中してしまうのです。

というのも、彼の言う「話したいこと」というのは彼が遠く離れた九州に転勤になったというものだったのです。

しかも転勤まで時間に余裕がなく、今から2週間で引っ越すとのこと。

そして彼は私に一緒に九州に来て欲しいと言いました。

私と彼は交際してまだ2ヶ月だったため、私はすぐに「はい」と言えませんでした。

また、私は一人娘なこともあり、地元を離れることに抵抗を感じます。

結果的に私は彼と別れることを選択しました。

 

彼のことが本気で好きだったので、こういった結果になったことがすごく辛かったです。

ペアーズの利用開始から2年。

やっと結婚を考えられる、運命の人の出会えたと思った矢先に彼の転勤によってお別れした私たち。

彼が転勤にならず、ずっと私に地元にいてくれたら結婚をしていたのかも知れません。

やはり結婚と恋愛は違うのだと考えさせられて出会いになりました。

今でも彼のことは陰ながら応援していますし、幸せを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です