婚活女子の年収高望みがヤバい理由とやるべきこと【辛口】

現在婚活をしていて「年収を高望みしている」と友人や周囲の人たちなどに指摘され、「自分の理想は間違っている?」と感じているのではないでしょうか。

 

世の中には、男性に対する年収を高望みするヤバい婚活女子の情報であふれかえっています。

 

中には自分では「みんなも同じ意見だから」と思って男性への理想を掲げているものの、心のどこかで「高望みしているかもしれない」と思っている人もいるでしょう。

 

理想の男性を見つける際には、年収を見ることも大切です。

 

しかし、年収が高望みだと言われないためにもアナタが努力すべきことはあります。

 

そこでこの記事では、年収を高望みする婚活女性のヤバい理由と、年収を高望みする婚活女子がやるべきことを辛口でお話ししていきます。

無料の出会いは(マリッシュ)
いいねから始まる恋婚/R18

【高望み!?】婚活女子が夢見る普通の男性の年収

30代の婚活女子たちが夢見る男性の年収は、おおよそ500万円~600万円ほどだと言われています。

 

では、おおよそ年収500万円~600万円の男性たちってどのくらいいると思いますか?

 

国税庁が行った「令和元年度民間給与実態統計調査」日本人の平均給与は436万円です。

 

男性だけ見ると540万円が平均値とされていることから、年収500~600万円の男性はどこにでも居そうに思えますよね!

 

しかし、上記調査は給与をもらっている「全年代の男性」含めての数字なのです。

 

この記事を読んでいる女性は、きっと20~30代の方が多いでしょう。

 

20~30代の婚活女子が狙う同年代の男性たちの平均給与は、以下の値で発表されています。

 

20~24歳 平均年収278万円
25~29歳 平均年収403万円
30~34歳 平均年収470万円
35~39歳 平均年収529万円

参考:「令和元年度民間給与実態統計調査 年齢階層別の平均給与」

 

また、同調査によれば500万円以上600万円以下の収入を得ている男性は、全体のおおよそ13.5%としています。

 

同じ年代の男性と出会いたいと考えている婚活女子たちにとって、男性の年収500~600万円というのは非現実的であることがわかるのではないでしょうか。

 

ちなみに、年齢が上がれば上がるほど給与は一定水準で上がっていくため、年収にこだわるのであれば、アラフォー男性以上が適しているということも分かるでしょう。

コロナ禍で男性の収入が減っている!?

コロナ禍により、男性の収入が減ってしまったという話も見受けられます。

 

何とか平均以上を保っていた男性たちも、テレワークや働き方改革・出社制限などの影響で年収に関わるボーナスの減額や残業手当が入らないという状況が発生しているようです。

高年収が良いのに!婚活女子のホンネ隠しも

婚活女子たちは、男性たちの給与事情の実態を知らないことが多くあります。

 

自分の理想を述べただけで「年収を高望みしすぎている」と結婚相談所の担当者など第三者によるバッシングに遭うことが多くあるという背景もあり、ホンネを隠してしまう傾向もあるようです。

 

しかし、ホンネを隠してどうにか結婚しても、後に残るのは結婚した相手への不満ではないでしょうか。

ホンネを隠した婚活女子の良くある発言

ホンネを隠す婚活女性たちが「年収」を理想に掲げることが減ったかわりに、以下のような言葉で高年収が理想であることをぼやかす発言が聞かれるようになりました。

 

・親や友達の前で問題なく振る舞える人

・紹介しても恥ずかしくない人

・経済的にも精神的にも成熟した、私を自由にさせてくれる人

 

特に最後の「経済的に成熟した男性」というのは、いわゆる「年収が高い男性が理想」であることがわかりますよね。

 

また、家族や友人に紹介しても恥ずかしくない人というのも、きちんと仕事をして、「ある程度の年収をもらっている男性=年収500~600万円」と捉えらえませんか?

年収を高望みする婚活女子の良くある理由

年収を高望みしがちな婚活女子たちは、共通する理由を抱えています。

 

・自分の収入が少ない

・恋愛経験が少ない

・ラクしたい

 

きっと男性の年収を気にするアナタも心当たりがあるかもしれませんよ……!

自分の収入が少ない

自分の収入が少ない女性ほど男性の年収に期待し、婚活中に高望みしてしまう傾向にあります。

 

職種にもよりますが、前述の「令和元年度 民間給与実態統計調査」によれば女性の平均年収は200~300万程度です。

 

男性と異なり、女性は結婚・出産などライフステージの変化が激しく、場合によっては収入が下がります。

 

男性に自分よりも高い年収を求めることで、自分のライフスタイルの変化があっても経済不安がなくていいと考えがちですが、ある意味理解できます。

恋愛経験が少ない

意外かもしれませんが、恋愛経験が少ない人ほど「みんなが(=親が)年収の高い男性が良いって言うから、そうしよう」という形でなんとなく年収を理想の候補に挙げるという傾向にあります。

 

この場合、女性の恋愛経験が少なく、婚活でどの男性を選べばいいかわからないことが根本的な原因のひとつです。

 

経験値が少ないからこそ、「おすすめはどれ?」感覚で年収が高い男性を選ぶ傾向なのだとか。

ラクしたい

自分は働くことなくラクしたいと考える女性もいるでしょう。

 

この場合も、男性の年収だけで生活できることを密かに望み、自分は働かなくても良いと考える女性に多く見られます。

 

ただし、男性によっては「パートでも良いから働きに出てもらいたい」と考えている場合があることも覚えておかなければなりません。

婚活女子が男性の年収を高望みする前にやるべきこと

突然ですが、あなたの理想の男性の年収とアナタ、見合っていますか?

 

前述の通り、婚活女子が希望する年収500~600万円の普通の男性は、世の中にごくわずかしかいません。

 

年収を高望みする気持ちはわかりますし、諦めなくてもいいと筆者は思います。

 

しかし、女性側も年収を高望みする以上はある程度の努力と行動をしたほうが良いと考えます。

 

安易に男性の年収を高望みする前に、やるべきことを4つご紹介します。

1)自分の理想の相手を紙に書いてみる

自分の理想は本当に年収なのか、客観的に見てみることをおすすめします。

 

紙に書くことで客観的に自分を見れるので、まずは紙に自分の本当に理想とする相手について書いてみましょう。

 

また、恋愛経験が少ない人こそ周りの意見は無視できるため、本当に男性の年収だけにこだわっているのかについて自分の心に聞いてみたほうが良いと言えます。

2)正しい自分磨きをする

婚活において、理想の男性から選んでもらうためには「正しい自分磨き」が大切です。

 

男性の年収を高望みする前に、ひとつ考えてほしいことがあります。

 

アナタは年収の高い人に相手にしてもらえるための努力を本当にしてきたでしょうか?

 

この場合の努力とは、

 

・料理ができる

・笑顔で癒せる

・家事ができる

 

ということではありません。

 

例えば、年収500~600万円の人が好きそうな話題を考えてみましょう。

 

スポーツや仕事・副業など、自身のキャリアアップやライフスタイル・健康を意識した話題なのではないでしょうか。

 

年収が高いということは、ある程度知性があるということです。

 

男性の年収が上がれば上がるほど、あなたと見ているものが違うため、当然笑いのツボや会話が弾む内容も異なると言えます。

 

見ているものが違うということは、会話が続きにくいことに直結するのです。

 

上記を踏まえて、自身の希望する年収の人たちが好きそうな話題や趣味・ファッションを勉強することこそ、正しい自分磨きだと言えます。

3)人間力を上げる

意外と侮れないのが、人間力です。

 

人間力という言葉を初めて聞く方もいるかもしれません。

 

人間力とは、社会で生きていくための力で基本的な能力です。

 

人間力が高い女性ほど、一緒にいて心地よいと感じてもらえたり、男女問わず友達が多かったり、モラルがあったりします。

 

婚活で必要な人間力の例は以下の通りです。

 

・時間の価値を知っている

・心からお礼を言える

・他人にやさしくできる

 

一方、人間力がない人を簡単に表すと、自己中心的な人物です。

 

婚活で高望みだと言われ、苦戦している女性ほど人間力が足りないと言えます。

 

年収が高い男性ほど、女性の人間力を見ていると言っても過言ではありません。

 

全てにおいて「当然」ということはあり得ませんし、若さや美しさではカバーできないこともあります。

 

この機会に、人間力について勉強してみるのも良いかもしれませんね!

4)偶然の出会いに固執しない

年収を高望みしている婚活女子ほど、偶然の出会いに固執していると言えます。

 

偶然の出会いでは、年収を聞くことってないですよね。

 

実際に出会う男性に逐一「年収はいくらなんですか?」と質問しなとわかりません。

 

年収をチェックするような女性は、男性からも避けられる傾向にあることは、すでに多くの婚活テクニックや情報で発信されていることです。

 

偶然の出会いに固執するよりは、年収からソートできるマッチングアプリや結婚相談所を選択し、初めから希望する年収の男性が集まる場所に身を投じたほうが効率的だと言えます。

まとめ

婚活女子たちが希望する普通の男性の年収は500~600万円だと言われていますが、実は男性の中でもごくわずかしかいません。

 

年収を高望みすることは悪いことではありませんが、希望する年収が上がれば上がるほど、男性に選んでもらうための正しい自分磨きと相応の努力が必要だと言えます。

 

男性が好きな話題を勉強して教養を高めたり、人間力を磨いたりすることで、その他大勢の高望みする婚活女子と差がつけられでしょう。

 

また、恋愛経験が少ない人ほど「年収が高いことが本当に理想なのか」考えたいところです。

 

周りの意見に流されず、自身の心に聞いてみるというワークをしてみましょう。

 

自身の納得する婚活で、本当の理想の男性を見つけてみてください!

無料の出会いは(マリッシュ)
いいねから始まる恋婚/R18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です