マッチングアプリで数打ちゃ当たると思ってる?婚活焦りを壊す

マッチングアプリは、数打ちゃ当たると思っている方もいるのではないでしょうか。

 

マッチングアプリで出会う人を多くすれば、確かに出会いの確率もあがります。

 

しかし、数打ちゃ当たる精神でヤケクソになっている状態だとマッチングアプリは失敗するかもしれません。

 

マッチングアプリで大切にすべきことをもう一度理解することで、焦りを解消できるでしょう。

 

そこで今回は、数打ちゃ当たると半ばヤケクソ状態のアナタへ、マッチングアプリで大切なことをもう一度一緒におさらいできるブログを書きました。



数打ちゃ当たる精神だとマッチングアプリは失敗する

マッチングアプリでは、お互いに「イイね」をし合い、マッチすることで初めてやりとりが成立しますよね。

 

理想の男性に出会うために会う数を増やすのは良いことかもしれませんが、数打ちゃ当たる精神でヤケクソに「イイね」するのは避けたほうが無難です。

 

数打ちゃ当たる精神は、誰でも良いからということと似ているだけでなく、付き合う相手を妥協することと同じだと言えます。

 

付き合う相手を妥協してしまうと、自分もやる気が出なくなってしまい、最終的に破局ということもあるでしょう。

 

これでは、マッチングアプリでの恋活・婚活は失敗ですし、時間のムダです。

 

数を打つよりもまず、相手に会ってみたいかどうかを自分の旨に聞いてみることが大切なのではないでしょうか。

自信がない人ほど数うちゃ当たると思いやすい

男女問わず、特に自分に自信がない人ほどマッチングアプリで数さえ打てば当たると思いがちです。

 

数打ちゃ当たる精神でいる人ほど、彼氏ができた、あるいは結婚できたという結果に結びにくいと言えるでしょう。

 

筆者もそうでした。

 

マッチングアプリで恋愛に発展できなくヤキモキしていた時期は数打ちゃ当たる精神が強く、たとえイマイチな男性でも 「イイね」さえすればラッキーでデートできるかも!?と考えていたものです。

 

しかし、数打ちゃ当たる精神でマッチングアプリをやった時期に出会った男性とは、結局長続きしませんでした。

数打ちゃ当たる精神だと疲弊する理由

数打ちゃ当たる精神でマッチングアプリに取り組むと疲弊しやすくなります

 

マッチングアプリでは、会員数が多い場所に登録すればするほど、毎日のように新規会員が登録するため出会いには困りません。

 

しかし、数を打ったからと言って、自分が「また会いたい」と思える男性に出会えるかなんてわからないものです。

1. メッセージの人数で疲れる

数打ちゃ当たる精神でマッチングアプリにいる男性に「イイね」することで、同じようなマインドの男性たちとマッチしてしまい、メッセージが大量に来ることが想定できます。

 

なぜなら、女性だけでなく男性も数打ちゃ当たると思っているからです。

 

マッチングアプリでは一般的に、男女の「イイね」を経て「マッチ」し、メッセージができると言う流れで進行しますよね。

 

数打ちゃ当たる精神で、とにかく目に付いた男性全てに「イイね」しまくることで、メッセージのやり取りをする男性の数が必然的に増えてしまいます。

 

最悪の場合、アナタが興味ない人とまでメッセージのやりとりをすることになるでしょう。

 

メッセージの量に疲弊するだけでなく、興味ない内容のメッセージにまで反応しなければなりませんので、普段の婚活・恋活以上に疲弊してしまうかもしれません。

2. 休む時間がとれなくて疲弊

数打ちゃ当たる戦法では、たくさんの人とメッセージのやり取りをすることになるだけでなく、連日のようにデートが続くこともあります。

 

多くの女性は、仕事終わりや週末・休日を使って婚活や恋活に励みますよね。

 

数打ちゃ当たる戦法でマッチングアプリを使ってしまった女性の中には、1日に3人連続で会ったり、1か月で15名会ったりして、後悔する女性もいるほど。

 

数重視では自分の時間だけでなく、休む時間を確保できなくなってしまい、疲弊につながります。

 

それだけでなく、疲弊することで判断力も鈍くなってしまうことから、ダメ男を見極めにくくなりやすいでしょう。

3. 打ち落としたい相手がわからなくなる

数打ちゃ当たる精神でマッチングアプリを使うと、通常よりも早く婚活疲れに陥ってしまいます。

 

さらに、数を打ったものの全てが無駄打ちになり果ててしまい、とても効率が悪いと言えます。

 

数打ちゃ当たる精神の場合、相手を選ぶことなく「なんとなく」で「イイね」を推してしまいがち。

 

つまり、誰を狙いたいのかが決まっていない状態となり、満足いく出会いに発展しないケースが多くなりがちなのです。

 

どんな相手と出会いたいのかがわからなくなった状態のまま男性に出会えたとしても、その先も男性と良い関係性が続くと考えられるでしょうか。

 

難しいですよね。

マッチングアプリで数打ちゃ当たると思っているアナタが知るべき大切なコト

マッチングアプリを使った婚活や恋活において「会う数をとにかく増やしましょう! 」という考えは間違いではありません。

 

しかし、会う数を増やすために、数打ちゃ当たる手法をつかうのは誤り。

 

マッチングアプリでの出会いは数も大事ですが、無駄打ちしないためにも相手に本当に会ってみたいかどうかを自分の胸に聞くことが大切です。

 

数打ちゃ当たるという考えでマッチングアプリを使っているアナタが、もう一度しるべき大切なことを5つご紹介します。

1. 付き合う相手を妥協しない

数打ちゃ当たるだろうという考え方でマッチングアプリを使っている多くの人は、自分が狙っている層のことを忘れてしまいがちです。

 

「付き合えるのなら誰でもいいや」と妥協してしまっては、本当に幸せな出会いができるとは言えません。

 

マッチングアプリを使っているということは、打ち落としたい相手がそれぞれいるハズ。

 

アナタの考えている条件だけに絞って数を打ちましょう。

 

出会いたい男性にも妥協しないことで、納得のいく出会いや好きになれる人とと出会えるかもしれませんよ!

2. マッチングアプリでの出会いは就活と同じであることを再確認

見た目のみで判断して「イイね」を押すのではなく、相手のプロフィールを読むことも重要です。

 

婚活は就活と同じだと言われていますよね。

 

まず、就活を思い出してみてください。

 

会社に応募する際は、履歴書や職務履歴書も書きますよね?

 

マッチングアプリでの恋活・婚活も同じです。

数ばかり打っているということは、だんだん相手のプロフィールを読んでみるということも忘れている可能性があることを考慮しなければなりません。

 

もし、「プロフィール最近読んでいなかったかも」と心当たりがあるのであれば、これからの出会い探しでは、初心に返ってプロフィールをじっくり読んでみることをおすすめします。

3. 相手を知ろうとする姿勢

プロフィールを作りこむこと、自分を知ってもらうことは大事ですが、数ばかり気にしすぎて自分の売り込みばかりを目的にしていると失敗するでしょう。

 

マッチングアプリでの婚活・恋活は相手ありきで進行します。

 

自分本位にならず、マッチした相手とのチャットや会話の中で相手を知り、話しやフィーリングが合いそうかどうか吟味する姿勢で望んでみましょう。

4. ある程度のマメさが必要

連絡無精の女性に多い傾向にありますが、数を打ったものの面倒となり、男性へ返信しないままでいるということは避けるべきです。

 

マッチングアプリでは、コミュニケーションを深めていけない人と付き合うのは難しいものです。

 

マッチングアプリではある程度のマメさがないと、せっかく打った数も意味がなくなり、相手と続きません。

 

連絡不精の自覚がある場合は、数を打つ前に連絡が許容できる範囲の人数に絞ることをおすすめします。

5. 出会えないことを他人のせいにしない

超重要なのが、数を打ったにもかかわらず出会えないことを他人のせいにしてはいけないということです。

 

「私にイイねした男性が悪い」

「連絡できなかっただけなのに連続メールするのが悪い」

「ほら、やっぱり続かなかった」

 

など、口ぐせになっていませんか?

 

うまくいかない理由を他人のせいにする人は、マッチした男性から相手にされ無いと言えます。

 

マッチングアプリで数を打っても出会えないのは、数打ちゃ当たるという誤った方法だけでなく、自分に何かしらの原因があるかもしれませんよ?

【悲報】数を打たないと確率が減るというマッチングアプリの構図ができてしまっている

一方で、日本のマッチングアプリでは

 

・一部の男性が限られたイイねを無駄打ちする行為

・とりあえず女性で生理的に無理でなければイイねする男性(ヤリモク男性も同様)

・女性が吟味しすぎてイイねを返さない

・結果、出会いの確率を下げている

 

という構図が基本になってしまっているという現状もあります。

 

結果、女性も男性も数を打たないことには出会えないと考えてしまうようです。

 

構図はできあがってしまっていますが、大事なのは、自分が男性との会話の中で「会ってみたいか」を判断して振り分けていくことなのではないでしょうか。

まとめ

マッチングアプリで成功するためには、数打ちゃ当たる先方よりも「会ってみたい」かの気持ちを重視して、「イイね」したりメッセージのやりとりを無理なくすることが大事だと言えます。

 

そうしないと、数を打ちすぎたことによりメッセージやデートで疲弊してしまったり、休む時間もロクにとれずに疲れてしまったりなど、悪循環になりかねません。

 

数も大事かもしれませんが、自分がマッチングアプリでどんな男性と出会いたいのかという軸を定め、その層に向けて数を打つほうが効果的だと言えます。

 

マッチングアプリの本質や使う上で大切にすべきことを今一度振り返り、疲弊しないでマッチングアプリでの出会いを活用しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です