【Pairs体験談】バツイチ高収入のジャニーズ系との出会い



第1章「出会い」

私みたいな(20代後半)年齢になると結婚にあせります。

 

学生の時みたいな「好き」という気持ちだけではなかなか付き合うことはできません。

 

なぜなら結婚したいから。

 

結婚する気のない人とダラダラ付き合う気はありません。

 

ではどうするか。みなさんは知っていますか?

 

最近は婚活マッチングアプリもあるということも。

 

でも怖いですよね。

 

高いお金だけ取られて出会えなかったらどうしようとか。

 

本当に結婚できるのかなって。

 

なので、私はマッチングアプリの自分のプロフィール欄に「結婚したいから誰か拾ってください」と堂々と書きました。

 

するとどうなったと思いますか?本気かどうかはわからないけれど「結婚しましょう!」「拾いますよ」という返信がきました。

 

(あー、こんな私でも需要があるのかな)と嬉しくなりました。そこで出会ったAさんについてお話ししたいと思います。

 

第2章「バツイチのジャニーズ系」

やりとりをしていくうちにAさんに出会いました。

 

Aさんは30代半ば、×あり、の方でした。

 

なによりも一番ひかれたのは年収です。

 

1000万~2000万という高収入!!

 

本当かどうかはわからないけれど、ルックスはジャニーズ系と書いてありました。

 

なかなか自分のことをジャニーズ系だと、書ける人はいないですよね。

 

よほど自分に自信があるのか。ではなぜ離婚歴があるのか。すごく気になりました。

 

第3章「やりとり」

彼とはペアーズ内でやりとりをしました。

 

年齢が年上なのにいつも敬語で、丁寧な感じの方でした。

 

「やりましょう」とかがつがつした感じではなく、物腰が丁寧で紳士的な方でした。

 

私のことはいつも、○○さんと呼んでくれいつも長文な所も安心感がありました。

 

本当にやり目的な方は(エロ写メ見せて)とか、しか送ってこなかったり、すぐ連絡先を交換しようとしたりしてくるので不信感しかありません。

 

やりとりをして1か月。お互いの都合の良いに会うことになりました。

 

私が「○日どうですか?」と提案すると彼は「すみません。その日予定があります。」と言われてしまいました。

 

仕方ないので別の日を提案すると「○日は大丈夫です」と言われ○日会うことになりました。

 

第4章「残業」

彼に会う日たまたま私の仕事が遅くなり残業になってしまいました。

 

約束は19時半。

 

しかし仕事が終わったのは19時。

 

待ち合わせ場所には最低でも40分はかかります。

 

急いで私は彼に連絡をしました。

 

「すいません。残業になってしまいました。」

 

と送ると「大丈夫ですよ。お店とか見て待っているので、焦らずに来てくださいね」

 

という優しい返信を頂きました。

 

(早くしろよ)とか言わないんだな、大人だな、優しいなと思いました。

 

第5章「スーツの彼」

いよいよ彼に会いました。

 

目印になるお店の前で待ち合わせ。

 

彼の服装はスーツ。

 

お店に行くとスーツの男性が一人携帯をいじって待っています。

 

(多分あの人だけど本当にそうかな)と私は不安になりました。

 

そこで「つきました。どこら辺にいますか?」と連絡しました。

 

すると「入口の近くにいます」という返信が来ました。私は(あの人だ!)と確信しました。

 

「○○さんですか?」と声をかけると「はいそうです」と答えてくれ無事に会うことができました。

 

第6章「余談」

この話をする前にみなさん知っていますか?

 

最近の人たちは付き合う前に体の相性が良いか確かめてから付き合う人が多いそうですよ。

 

私は、そんな人たちは、ただやりたいだけじゃん!!と、思っていましたが「付き合いましょう」となってからエッチして(なんか合わないな)と思って別れるより合理的だそうですよ。

 

初めて聞いた時は驚きました。

 

だって憧れませんか?夜景がきれいな場所で「付き合ってください」とか「結婚して下さい」とプロポーズされてから、付き合って大人の関係になるということ。

 

しかし、最近の人たちは(みんながみんなそうではない)体の相性を確かめてから、お付き合いに発展される方もいるそうですよ。

 

第7章「緊張」

さあいよいよAさんとホテルに行きましょう、という話になりました。

 

「ここ綺麗そうなんでこのホテルにしましょう!」と二人で中に入りました。

 

私は人見知りです。

 

よく言われるのが、視線が合わない、ということです。

 

Aさんに会った時も緊張して目線が合いませんでした。

 

しかし、Aさんは一生懸命話をしてくれました。

 

「転勤族なので引っ越してきたのは最近です」とか「趣味はスキーです。夏は泳ぎにも行くんです」など。

 

私の緊張をほぐしてくれようとたくさん話してくれたり、聞いてくれたりしました。

 

彼は私が業者の方だと思っていたらしいです。

 

「笑顔が素敵なのになんで結婚していないのかな。僕みたいに×ついているのかな」

 

と和ませてくれるようなことも言ってくれました。

 

私はなぜ奥さんと別れたのか聞きました。

 

その理由は彼が転勤族であり、奥さんは地元を離れたくなかったからだそうです。

 

確かに転勤族だと、新しい土地になれてもまた引っ越しということになりかねませんよね。

 

その話を嫌がらず正直に答えてくれた彼は良い人だなあと思いました。

 

第8章「一時間ぐらい」

1時間ぐらいずっと話していました。

 

多分私がずっと緊張していたからです。

 

しかし「シャワー浴びましょう」と彼が声をかけてくれ一緒にシャワーを浴びることにしました。

 

緊張しますよね。

 

そして関係をもちました。

 

2時間という時間はあっという間でした。

 

帰り際連絡先を交換しましょうという話になりました。

 

今までずっとアプリの中だけでやりとりをしていました。

 

初めてこの日連絡先を交換しました。

 

そして、彼は私に高級店のチョコレートをくれました。

 

「頂けません」と断りましたが、「僕のせいでこの前会えなかったから。そのお詫び」と彼は渡してくれました。

 

ありがたく頂戴しました。

 

こういうスマートなところも大人の男性という感じで素敵だなと思いました。また都合があった日に会えると良いですねと話をして別れました。

 

第9章「そのあと」

そのあと彼とはまだ連絡はとっていますが、会うかどうかは悩んでいます。

 

正直に言うと会いたいです。

 

しかし私と彼との年齢は10歳差。

 

(彼はプロフィールに30代半ばと書いていましたが本当は30代後半)10歳はたいしたことないかもしれませんが、正直にプロフィール欄に正直に書いてほしかったなと思いました。

 

そして、転勤族だということも悩んでいます。

 

彼の優しさや相手を思いやるところはすごく素敵です。

 

しかし、もしAさんと付き合って結婚して、子供が生まれたら私は彼の転勤に付き合えるのかなと思いました。

 

(いやいや本当に付き合って、子供ができてから考えろ!自分!!)この先どうなるのかはわかりません。

 

ここでもう会わないのか。次も会うのか。

 

Aさんが何を考えているのか。

 

Aさんが私の将来の相手なのか。

 

それとも違う人なのか。

 

一ついえることはあまり深く考えずに自分の気持ちに正直になって考えてみたいと思います。

 

結婚に焦る気持ちもありますが、これだけはご縁なので。早く良い人に出逢えて幸せになれますように!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です