【ペアーズ】初デートが怖くなった!どうする?対処法つき

「マッチした男性と初デートが怖くなった!」ということはありませんか?

 

特に、初めてペアーズのようなマッチングアプリを使って男性に会う場合、相手が丁寧にメッセージのやり取りをしてくれているにもかかわらず、相手に怖い印象を抱いてしまいがちです。

 

そこで今回は、ペアーズ初心者向けに初デートに誘われたけど急に怖くなった時に使える断り方や対処法を紹介します。


初デートが怖いと思うのは当たり前

ペアーズで知り合った男性との初デートが怖いと思うのは、当然です。

 

インターネットが発達したことによりネガティブな情報があふれているため、これからデートを控える場合、どうしても気になってしまいます。

 

実際にヤリモクに遭遇した女性の話も多くある一方で、男性慣れしておらず「相手と話せない」「写真と違うといわれたらどうしよう」という不安が、怖いに変化している場合もあります。

 

ですので、リアルで相手と出会うことが怖い場合は、相手のことを良く知るためにも、テキスト上でのやり取りを多く行い、信頼を育むのが大切です。

怖いからといってウソやドタキャンは辞めよう

ですが、怖いからといってウソをついてドタキャンすることが一番ダメなパターンです。

 

体調が悪いとか、家族の用事とかというウソをついた場合は、相手から「違う日ならいいのかな?」と思われます。

 

また、デート前日や当日のドタキャンも相手に失礼です。

あなたにも24時間しかないように、相手にも24時間しか時間がないことを忘れないようにしましょう。

どうしてペアーズで初デートが怖いと思うのか?よくある理由

ではどうしてペアーズを使ってマッチした男性の初デートが怖いと思うのでしょうか。

よくある理由をまとめました。

1)上手く話せるか不安

初デートが怖いという理由の中で一番大きいのは、男性との初対面で緊張してしまい上手に話せず、会話が弾まないのではないかという不安です。

 

実は男性も同じことを考えていますし、女性がその場を盛り上げる努力はしなくて大丈夫なんです。

男性が話しやすい様に、聞き上手でその場に合いの手を入れられる人のほうが好かれやすいので、相手の話を聞く努力をすれば解決できます。

2)ヤリモクだったらどうしようという不安

これから初対面する男性がヤリモクだったらどうしよう、という不安も多く見られます。

 

ネット上でもヤリモクに関する情報は多く、実際に相手に流されて一夜の関係を持ってしまったというものや、出会った相手がヤリモクだったという体験談が流れているのも事実です。

 

ペアーズなどのマッチングアプリでマッチした男性との初デートは大体1週間が目安です。スグ会おうと持ち掛けてきたり、理由もないのに夜のデートにこだわる男性はキケンです。

そのため、ある程度の自己防衛も必要です。

 

逆に、ヤリモクだったらどうしようという不安に駆られ、相手との初デートをマッチしてから1カ月以上先延ばししたりすると、お互いに興味が薄れるため、注意が必要です。

 

ペアーズでの正しい出会い方を学べば、この不安は解消されます。

3)写真と違うといわれないか不安

実際に会ったとき、写真と違うといわれないか不安な人も多くいます。

 

これは、最近の写真加工アプリが発達しているからこそ生じる悩みです。

過度に警戒しすぎて顔写真を一切載せない人や、遠すぎて本人とわからない写真を載せる人も存在します。

 

ペアーズで使用する写真は本来の自分を崩しすぎない加工を施す、ペアーズ内だけでも顔写真がわかるものを載せるようにしましょう。

4)男性に慣れていない

一部の女性の中には、男性との接触そのものになれておらず、自信がなく男性に対して積極的になれないと悩んでいる女性もいます。

 

男性の中にも、女性との接触になれておらず、勇気を出してあなたをデートに誘っている可能性があると思えば楽になりませんか?

 

初デートでは、最初は男性とお友達になる気持ちで臨むとこの心配は解消されます。

ペアーズでマッチした男性と初デートが怖くなった時の対処方3つ

とはいえ、それでも怖くなったらどうしたらいいの?と思う人もいると思います。

この項目では、初デートがどうしても怖くなった時にできる対象方法を紹介します。

1)ひと目のつく日中に会うことを提案

初デートが怖いと思ったら、ひと目のつく日中に会うことを提案してみましょう。

 

ペアーズを利用しているのは社会人の人も多く、その場合はどうしても仕事後の夜のデートが多くなる傾向にあります。

 

夜のデートではお酒が入りやすく、判断力が低下してしまうのも悩み物です。

 

初デートのお誘いを受けた際には、男性に初めてで怖い旨を素直に伝え、昼間のカフェデートにしてもらうよう提案してみましょう。

それで音信不通になったら、残念ですがそこまでの男性だったということで、切り替えも早くできます。

2)会う前にテレビ電話することを提案する

テキストだけのやり取りしかしていない男性に会うこと自体が怖い場合は、会う前にLINEのテレビ電話を提案してみましょう。

 

テレビ電話はインターネット回線さえあれば通話料金がかかりません。実際に相手の顔を見て話した際に、なんか違うと思えば会わなければいいだけです

 

長電話である必要はなく、5分程度にしておくのもポイントです。

 

また、ペアーズ内にもオンラインビデオデート機能が実装され、ペアーズアプリ内でテレビ電話ができるようになりましたので、活用しましょう。

3)帰宅時間は事前に伝える

相手からデートの提案された際に、1番と併せて帰る時間を相手に伝えて反応を見るのも効果的です。

 

男性と初デートをする場合は、何があっても絶対に2時間までがベスト。

男性が盛り上がってデート時間をオーバーするかもしれませんが、あらかじめ2時間しかいれない事実を伝えることで自分も気を引き締められますし、ダラダラしません。

まとめ

ペアーズでマッチした人との初デートは、男女問わず誰しもが心のどこかで怖いと思ってしまうものです。

 

男性と会うのが怖いからといって、ドタキャンやウソでごまかすのは女性が良くやる間違った対処法なので、今すぐ辞めましょう。

 

相手を良く知るためにも、あらかじめ帰宅時間を伝えたり、日中のデートを提案するなど、テキストのやり取りで信頼を育むのが大切です。

それでも不安な人は、ペアーズのオンラインデート機能などのテレビ電話を使用して、短時間だけでも実際の相手の雰囲気を見てみましょう。

 

それでも怖い場合は、いっそ会わないことも選択肢です。

合う合わないは当たり前のことなので、「会いたい」と自発的に思える男性と出会うためにも、焦らないことも忘れてはいけません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です